×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




フォト_ギャラリー

2017年06月03日 [ 第297回 ]

 カッコウ,ホトトギス

 

 カッコウ Common Cuckoo Cuculus canorus

 分類:カッコウ目 カッコウ科

 全長:35.0cm

 翼開長:57.0〜64.0cm

 分布:九州以北で夏鳥。

 生息環境:山地の林など。

 食性:幼虫など。

 フォトギャラリー:第200回他参照

 撮影難易度:★★★☆☆


 撮影日:2017年5月17日

 撮影時間:12時38分30秒

 シャッタースピード:1/2000秒

 絞り値:F5.6

 撮影モード:マニュアル

 焦点距離:300mm(換算450mm)

 ISO感度:400

 撮影地:石川県

 使用カメラ:NIKON D5100

 使用レンズ:Nikon AF−S NIKKOR55−300mm 1:4.5−5.6G ED VR





 

 ホトトギス Lesser Cuckoo Cuculus poliocephalus

 分類:カッコウ目 カッコウ科

 全長:28.0cm

 翼開長:46.0cm

 分布:全国で夏鳥。

 生息環境:平地〜山地の林など。

 食性:幼虫など。

 フォトギャラリー:第243回他参照

 撮影難易度:★★★☆☆


 撮影日:2017年5月14日

 撮影時間:13時05分22秒

 シャッタースピード:1/1250秒

 絞り値:F5.6

 撮影モード:マニュアル

 焦点距離:300mm(換算450mm)

 ISO感度:400

 撮影地:石川県

 使用カメラ:NIKON D5100

 使用レンズ:Nikon AF−S NIKKOR55−300mm 1:4.5−5.6G ED VR


 今季の舳倉島ではトケン類(※)が良く飛び回っていた。 彼らは高い木の上の方に止まっていて声 はすれどなかなか姿が見えないから飛び物を狙うに限る。 とは言えこの時カッコウは上空を飛んでい た訳ではなく突如目の前を横切ったので駄目もとで闇雲にシャッターを切ったらたまたま撮れていた。  その時はハイタカか何かだと思ったが後から画像を見たらトケンだった。 ホトトギスなどとは下尾筒 や体下面の横斑で識別する。 図鑑によればカッコウは下尾筒に黒い横斑が有るが細くて小さく少なく 見える。 腹の横斑は11から13本。 初列風切の横斑が密に有る。 ツツドリは下尾筒に黒い横斑が 最もはっきり有る。 腹の横斑は9から11本。 初列風切の横斑はカッコウに似る。 ホトトギスは下尾 筒に横斑がわずかしか無くほとんど見えない。 腹の横斑は約11本。 初列風切の横斑はカッコウほ ど多くない。 今回はカッコウもホトトギスも横着してレンジャーに同定してもらった。 ホトトギスも撮影 時はタカが飛んでいるみたいに見えた。
 なおカッコウ科は托卵する事が知られているが世界的には130種のうち托卵するのは4割ほどの種 に過ぎない。 日本に普通に渡来するものは全て托卵性でありカッコウはモズ、アカモズ、ホオジロ、ア オジ、オオヨシキリなどに、ツツドリはセンダイムシクイなどに、ジュウイチはコルリ、オオルリ、コマドリ などに、ホトトギスはウグイスなどに托卵する。 舳倉島には彼らの好物の毛虫が多いらしく渡りの中継 地になっているものと思われる。


 (※) トケン : カッコウ科の俗称。 ホトトギスを漢字で「杜鵑」などと表記するのでこれを音読みしたも の。


 ハイタカ:フォトギャラリー第270回他参照

 ホオジロ:フォトギャラリー第16回参照

 アオジ:フォトギャラリー第281回他参照

 オオヨシキリ:フォトギャラリー第79回参照

 センダイムシクイ:フォトギャラリー第289回他参照

 コルリ:フォトギャラリー第185回他参照

 オオルリ:フォトギャラリー第288回他参照

 コマドリ:フォトギャラリー第287回他参照

 ウグイス:フォトギャラリー第288回他参照



トップへ
戻る
前へ
次へ