×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




フォト_ギャラリー

2016年04月18日 [ 第225回 ]

 ユリカモメ,イワツバメ,ツバメ,余録;コシアカツバメの古巣に営巣するスズメ

 

 ユリカモメ(換羽中) Black-headed Gull Larus ridibundus

 分類:チドリ目 カモメ科

 全長:40.0cm

 翼開長:93.0cm

 分布:全国で冬鳥。

 生息環境:沿岸、干潟、湖沼、河川など。

 食性:魚類、ゴカイ、昆虫など。

 フォトギャラリー:第90回他参照

 撮影難易度:★★☆☆☆


 撮影日:2016年4月8日

 撮影時間:10時24分48秒

 シャッタースピード:1/320秒

 絞り値:F16

 撮影モード:マニュアル

 焦点距離:1000mm(換算1500mm)

 ISO感度:400

 撮影地:大阪府

 使用カメラ:NIKON D5100

 使用レンズ:Nikon Reflex−NIKKOR・C 1:8 f=500mm
        :Nikon Teleconverter TC−201 2×





 

 イワツバメ Asian House Martin Delichon dasypus

 分類:スズメ目 ツバメ科

 全長:15.0cm

 翼開長:30.0cm

 分布:九州以北で夏鳥。

 生息環境:平地から高山。

 食性:昆虫類。

 フォトギャラリー:第189回他参照

 撮影難易度:★★☆☆☆


 撮影日:2016年4月8日

 撮影時間:16時59分57秒

 シャッタースピード:1/1000秒

 絞り値:F5.6

 撮影モード:マニュアル

 焦点距離:300mm(換算450mm)

 ISO感度:400

 撮影地:兵庫県

 使用カメラ:NIKON D5100

 使用レンズ:Nikon AF−S NIKKOR55−300mm 1:4.5−5.6G ED VR





 

 ツバメ Barn Swallow Hirundo rustica

 分類:スズメ目 ツバメ科

 全長:17.0cm

 翼開長:32.0cm

 分布:九州以北で夏鳥。一部越冬。

 生息環境:住宅地、農耕地など。

 食性:昆虫など。

 フォトギャラリー:第195回他参照

 撮影難易度:★☆☆☆☆


 撮影日:2016年4月8日

 撮影時間:16時59分01秒

 シャッタースピード:1/1000秒

 絞り値:F5.6

 撮影モード:マニュアル

 焦点距離:300mm(換算450mm)

 ISO感度:400

 撮影地:兵庫県

 使用カメラ:NIKON D5100

 使用レンズ:Nikon AF−S NIKKOR55−300mm 1:4.5−5.6G ED VR


 ユリカモメは夏羽へ換羽中と思われる。 ここは以前夏羽を撮影したポイントだ(フォトギャラリー第9 0回参照)。 光線の状態が悪くて色が出ておらず他種との識別が難しいが嘴に僅かに赤味が認めら れるのと、その形状などからユリカモメと判断した。
 まだ一部の冬鳥が居残っているのを尻目に、渡りは着実に始まっている。 山沿いや山間部にも夏 鳥が渡来しつつあって、イワツバメとツバメが主導権争いをする様にせめぎ合って飛び交っていた。  尾羽の違いが特徴的だ(典型的な燕尾はツバメやコシアカツバメなど一部。イワツバメは浅い凹尾で、 むしろ角尾に見える)。
 ところでこれら2種のツバメが渡来したという事は次に期待してしまうのは当然コシアカツバメの登場 だが、図鑑によればその渡来はツバメやイワツバメより少し遅めの様だ。 過去の個人的な記録でも 初認時季は遅い。 今後の楽しみといったところだ。

 コシアカツバメ:フォトギャラリー第182回他参照



 余録;コシアカツバメの古巣に営巣するスズメ
 



トップへ
戻る
前へ
次へ