×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




フォト_ギャラリー

2016年03月10日 [ 第219回 ]

 ルリビタキ

 

 ルリビタキ(雄) Red-flanked Bluetail Tarsiger cyanurus

 分類:スズメ目 ヒタキ科

 全長:14.0cm

 翼開長:22.0cm

 分布:全国で漂鳥。

 生息環境:平地〜山地の林など。

 食性:昆虫、木の実など。

 フォトギャラリー:第171回他参照

 撮影難易度:★★☆☆☆


 撮影日:2016年2月10日

 撮影時間:13時34分00秒

 シャッタースピード:1/80秒

 絞り値:F5.6

 撮影モード:プログラムAE

 焦点距離:300mm(換算450mm)

 ISO感度:400

 撮影地:大阪府

 使用カメラ:NIKON D5100

 使用レンズ:Nikon AF−S NIKKOR55−300mm 1:4.5−5.6G ED VR


 ルリビタキは人気が仇になっている。 ここは去年12月にルリビタキ撮影隊による餌付け作戦が遂 行されていた現場の近くだ(フォトギャラリー第212回参照)。 その後ルリビタキの姿が見えなくなって いたので何か食べ慣れない物でも食べ過ぎて体調を崩し最悪の場合もう既にこの世には居ないので はないかと心配していた。 それだけにその元気な姿を認めた時は嬉しかった。 もちろん全く別個体 の可能性も有る。 しかしこの人慣れした不自然な感じはまさしく例の個体だと確信した。 撮れた写真 も如何にも取って付けた様な整い過ぎた物になってしまった。 テレビ番組などで野生動物の記録映像 を観る機会は多いが、いつも思うのは「そんなに都合良くカメラの前に獲物が飛び出し、そこに都合良 く主人公が登場して狩りなどしたりする訳が無い」という事だ。 実際の自然界に日常的に接している と、そういう出来過ぎた映像には全てとは言わないが何かしら裏が有ると感じざるを得ない。 常々言 っている様に僕は餌に寄って来る様な鳥は好きにはなれない。 だからもちろん僕は餌付けなどしない が、じっと座っていると彼(ルリビタキ)は明らかにそれを期待するかの様にアカメガシワの実を食べた りなどしつつ徐々に間合いを詰めて来て、とうとう約2mの超至近距離まで寄って来た。 「早く餌ちょう だいよ」と督促せんばかりの表情だがこんな近くでポーズを取ってくれるならシャッターを切らない訳に は行かない。 余りにも警戒心希薄なので彼の今後の為に少し脅かして人間の怖さを認識させておい た方がいいかなと思った程だ。 だが少なくとも誰でも餌をくれる訳ではないとは学習してくれただろう。  アップで見ると眼(虹彩)も僅かに青味を帯びている様に見えるが気のせいだろうか。 ちょっとメタボ な様に見えなくもないが実に凛々しい男前の雄だ(寒い日だったから羽毛を膨らませているだけだろ う)。 しかしこんなコラムを載せるとまた餌付けを助長し撮影隊に情報を与える事にもなるので敢えて 日にちを空けて掲載することにした。 因みにお気付きの人もおられると思うが僕は僕なりに野鳥や周 辺に与える影響を考慮し大勢のカメラマンが集まっても問題無いと判断出来る場合や既にネット上など で公開済みで広く知れ渡っている場合などを除き基本的に撮影地の詳細を公表する事は無い。 過去 ログの断片的な情報を繋ぎ合せて行けば有る程度類推する事は可能かも知れないが、そこまで手間 を掛ける人は僕のコラムを読むまでもなく多分自分でも努力している人だろうし、そうであって欲しい。



トップへ
戻る
前へ
次へ